偏平足!どうして土踏まずが必要なの?

      2016/04/12

最近しばしば話題に取り上げられる「子どもの足の未発達」ですが、
症状の中の一つでもある「偏平足」も最近増えているようで、
お母さま方からのご相談やお悩みをたくさんいただいてます。
偏平足

では、そもそもどうして偏平足が問題になっているの?
どうして土踏まずがないといけないのでしょう?

それは、土踏まずには歩行時にかかる体への衝撃を和らげたり、
体のバランスをとり姿勢を保つ働きがあるため、
扁平足になると体全体にさまざまな影響が現れるからです。

2.踵

歩行時には土踏まずがバネのような役割を果たし、
脳や身体(骨格や関節)への衝撃を和らげるクッションの役割をしています。

土踏まずがあることで、
私たちは巧みにバランスを保ち長時間立って歩くことができ、
姿勢や衝撃もコントロールできます。

足への衝撃を和らげ地面を蹴る動きをサーポートするのですが、
扁平足になるとこうした機能が働きません。
そのため、足にかかる負担が大きくなり、少し歩いただけでも疲れやすく、
足を痛めやすくなるのです。

2.女の子 泣く

日頃からたくさん歩く習慣をつけるのも大切ですが、

今では子どものうちに偏平足用のインソールを使うことで、
土踏まず刺激することもできます。

Jrinsole560-180

手遅れになる前に、早期発見!早期対策!をおすすめします。

 - 子どもの足のトラブル , , , ,