子どもの足裏アーチを作ったお母さんは表彰状ものです!!

      2018/05/17

当社の子ども元気足無料相談にこんな相談がありました。

お子様がドタバタ歩く、動きが鈍い、長い距離を歩けない、
すぐ抱っこをせがむなどで悩んでおられ、足に異常があるのでは?!と

心配をされているとの内容でした。

お子様の症状や、園までの距離や交通機関なども詳しく伺ったところ、
それらの1番の原因は、年齢に合った土踏まずが出来ていないことが

原因でした。

生活環境やライフスタイルの変化で、
幼児期にしっかりと足裏のアーチを形成できずに

成長してしまう子どもが増加しています。

裸足で土の上を走り回っていた昔の子どもと違い、
外遊びが少なくなった今の子どもには、偏平足(へんぺいそく)が多いといわれています。

「偏平足」とは土踏まずがなく、足の裏が平らな状態です。
足裏をじっと眺める機会もそうないので、たいした支障はないように思えますが、
でも実は長時間歩けない、転びやすい、さらに姿勢が悪くなる、外反母趾の原因など

たくさんの弊害があるのです。

お出かけのときは車や自転車。
「歩くのを待つと遅くなるから」とすぐベビーカーに乗せてしまう…
そんなママの行動が子どもを偏平足にさせていることをご相談者はまだ
気が付いていませんでした。
成長期なので、まだしっかりとしたアーチは作れること!!
一番手軽なのは、たくさん歩かせること!!
など、その子に合った土踏まずの作り方をしっかりアドバイスさせて

いただいたところ・・・

お母さまは奮起しました!!

〇街中やスーパーでもできるだけ歩かせるようにする!
〇ママも一緒になって歩く!
〇鬼ごっこなど、走る要素の多い遊びを増やす!!
〇足指ジャンケン、足指マッサージなどで足指を鍛える!!
〇いつも足に合った靴を履かせるようにする!!
これらをお子様と一緒にお母さまも楽しみながら実践されたようです

その結果!!
わずか、半年でお子様の年齢に合った、
足裏にあるべき綺麗なアーチが形成され始めただけではなく、
お母さまも一緒に歩いた事でダイエットにも効果ありで一石二鳥という結果に♪

お子様の体を通して今までの習慣を見直せるお母さまにスタッフ一同脱帽です。

それとともに、お子様の足のお悩み、お母様の運動不足からも
解放されたお母さまは表彰状ものですね!!

成長期を過ぎてからでは作るのが難しくなる、土踏まず。

できるだけ早いうちから気をつけてあげたいものですよね。

もし・・この記事をお読みになって、
うちの子、もしかしたら偏平足かも??とご不安になられたお母さま。
ご心配の症状があるようでしたら、早い段階で一度チェックされてはいかがでしょうか?
しっかりお子様の症状を知る事で、少しでもお母さまの不安を取り除いていけたらなと思います。
弊社、子どもの足専門の測定士は全国1万人の子どもの足を
専門に見てきていますのでお子さまの足の改善に向けての
一番の方法をご提案させていただきたいと存じます。
まずは、お気軽にご相談ください。
専門の機関では納得がいく治療法がなかったとご相談される
お母さま達が増えておりますが、無料相談を受け、
〇しっかり症状を知ることができた。
〇足以外のところも関係していることがわかった。
〇母親の私の意識は大きく変わりました。

など、お喜びのお声を多数いただいております♪

 - お客様の声, 新着情報 , ,